お問い合わせ 0120-962-166

デュポンライター過去のコレクション

デュポンライター シャーマン(The Shaman – „he who knows“)世界限定2,929個

2005年(平成17年) デュポンライター シャーマン(The Shaman – „he who knows“)世界限定2,929個

デュポンライター シャーマン 世界限定2,929個

シャーマン、 “彼は知っている”。

神学者、医者、詩人の学者、シャーマンはネイティブアメリカン魂の守護者である。

彼は霊と神々と一緒に暮らし、悪魔と戦い、ガイダンス、治療法、魔法の力で戦う。

神とシャーマンの関係は、自然の要素のバランスを保つことがでる関係である。

 

今日、エス・テー・デュポンは、ネイティブアメリカンのアートワークと職人技に見られるように、パラジウム仕上げの際立ったギロシェ作業の要素を強調している。

ホワイト・ラッカーと天然マザー・オブ・パール・インレイにより、洗練さを際立たせている限定コレクションを発表。

 

限定コレクションではなく、スペシャルモデルとして発表された。

 

ネイティブアメリカンの生活サイクルが29日だったことから、限定数に“29”という数字が使われている。

各ライター・カフス 各世界限定2,929個。

万年筆・ペン 世界限定1,929本。

 

デュポンライター過去の限定コレクション

 

シャーマンとは?

 

自らの意思をもって選択する事のできない領域にて霊的に使われる立場の人。

シャーマンは、治療家、予言、霊視、スピリチュアルリーダー、預言、学者、カウンセラーといった役割を持っており、部族社会が正しく導かれるようにしていく役割を担った人々。

トランス状態に入って超自然的存在(霊、神霊、精霊、死霊など)と交信する現象を起こすとされる。

お互いのシャーマンを通して、地球の裏側までも、コンタクトをとることが出来たとも言われている。

シピポ族がアヤワスカを摂取した際に目の前に広がるビジョンを図式化したとされる幾何学模様

メディスン・ホイールとは?

 

メディスンホイールとは、ストーンサークルの事で「聖なる輪」とも言われる。

ネイティブアメリカンの大地のスピリットと繋がる儀式をするために特別な場所を選び、そこに自分たちだけのメディスンホイールを作っていた。

その中で瞑想し、象徴的にも実質的にも生の基盤として使用されていたとされる。

 

シャーマンストーンとは?

 

古くからネイティブ・アメリカンなどから 自らの聖なる分身として珍重された石。

シャーマンや、シャーマン的な役割を担うヒーラー、ライトワーカーたちが心身の解毒や場の守護のために使用していた石とされる。

メールでのお問い合わせ 電話で問い合わせる
TOP

Copyright © NEO PRICE. All Rights Reserved.